フーゾク体験レポ:池袋 熟女紹介センター 芳村妃波里さん

年上のお姉さん(というのはマイルドな表現で、まぁ熟女さんという表記が正確ですが)と遊びたくなり、以前も利用したことがあるお店の出勤リストから、50代後半の女性を選んでみました。jsc_hibari
店名:池袋 熟女紹介センター名前:芳村 妃波里(よしむら ひばり)さん 57歳 T155cm B90cm(E) W67cm H92cm料金:80分 13,200円

■スタート

ドアを開けてご対面となりますが、デリヘル嬢っぽさが全くない、キレイめな出で立ちの女性でまずびっくりしました。
部屋に入るなり、まずはうがい手洗いのため洗面台に向かわれました。戻ってきてから、精算となり、お店へのインコールは諸々済ませた後でした。ちょっと得した気分です。
ちなみに、ビジュアルは年相応といったところでしょうか。昔は美形だったんだと思いますが、このお年ですから、さすがにシワも目立ちます。
手続が終わるやいなや、ベッドサイドに腰掛けてきた当方の元へ歩み寄り、いきなりこちらの乳首あたりをサワサワしはじめます。諸々の準備作業中とは全く異なる、妖艶な雰囲気が一気に出てきました。「乳首は感じる?」と聞かれて、思わず素直に答えてしまいました。
ここから5~10分ほどでしょうか、彼女の攻め技を存分に堪能してから、お風呂へ(このあたりの詳細はnote限定とさせていただきます)。

■プレイ①

お風呂場では、まずはフツーに前の方を洗ってもらいます。おちん○んは結構エグく洗ってきましたね。その後、反対側を向いて背中の方ですが、ここで彼女はギュッと抱きしめてきて、自身のおっぱいで洗ってくれました。
その後は、アナルを洗われながら、おちん○んを軽くシコシコしてきたりして、フルスロットルでの攻撃が続きます。
洗ってもらったところで、こちらが湯船に浸かります。彼女もササッと流してからすぐに湯船へ。すると、足を浴槽のへりに乗せるよう誘われ、潜望鏡が始まります。なんでしょうか、ソープでおもてなしを受けているような濃いプレイの連続です。
かなりしゃぶられて我慢できなくなり、ベッドに行こうと提案します。
風呂から上がる際も、バスタオルで背中を拭いてくれて、その後、使っていないバスタオルをこちらに渡してきて「前はこのタオルで拭いて下さい」との申し出が。
あまりのプロさに「以前フーゾクで働いていた経験、本当にないんですか?」と聞いてしまいました。彼女曰く、本当に未経験だそうですが、にわかに信じがたいです。

■プレイ②

お互いベッドに入りますが、さっそく彼女の方から襲ってくれました。ベロチューからはじまり、乳首は左右交互に2~3往復するほど入念に、そして適宜首筋やほっぺた、脇などにも舌を這わせてくれました。
そして、脇腹→足の付け根ときて、フェラへ。タマも袋もペロペロしてくれて、非常に気持ちがいいです。
今回はアナル舐めはなかったですが、お風呂場で入念に洗ってくれたところをみると、こちらがお願いすれば多分してくれたでしょうね。彼女の技を受け止めるべく、今回は受け身の姿勢でいたので、全く問題ありません。
ある程度攻めてくれたところで、乳首舐めに戻りつつ、雰囲気的に攻守交代を促されましたので、応戦します。
プロフ写真どおりの薄めの乳輪を攻めると、良反応が返ってきました。おっぱい→クンニと順番に攻めていきます。濡れは普通でしょうか。ビショビショというほどではなかったですが、しっかりと湿っていました。
ちょっと演技っぽい隠語もありつつ、楽しく攻めさせてくれます。

■フィニッシュ

我慢できなくなり、69でお互いの興奮を高めた後、素股をお願いします。まずはローションを付けずに、騎乗位スマタの体勢に。
フィニッシュはnoteにて具体的かつ詳細にレポートします!

■総括

熟女の性欲恐るべし、といったところでしょうか。
お会いしてからお別れするまで、ほぼほぼエロ全開でした。本当に、搾り取られた感じです。
体調を整えて臨むと、非常に楽しめるのではないかと思います。
※あくまで私個人の体験なので同じプレイが行われる保証はありません。