T.O.P(ティー・オー・ピー)メリーの体験レポート

初見は小柄で華奢なんでロリ系かなと思いきや、ルックスを見ると

HPの写メほど幼くはなく、思ったより大人で綺麗な女性といった印象。

でも体だけに目を向ければロリっぽさもあって、そういったところでは

ロリと大人が同居する不思議な嬢。

日本語はほぼできないので翻訳機使用。あとは彼女からの積極的な

韓国語とジェスチャーを併用したアプローチ。この明るさと笑顔が

あれば多少言葉が通じなくてもベッドでコミュニケーションがとれる。

最初の人見知り的な雰囲気も、翻訳機でいろいろ会話をして

馴染んでくると明るい性格が顔を出してきて、より積極的に話しかけて

くるのでまぁ一緒に居て困ってしまうことはないと思う。

スタイルは冒頭で述べたとおり、小柄、それに華奢でほっそりしている。

その華奢ぶりのわりに胸はそこそこ張ってるので土台入りだろう。

その分、乳房のフォルムが綺麗。乳首がまた少女のように小さいので、

全体像もバランスがとれていて実に美しい。まさに美乳。

シャワーは非常に丁寧で、小柄なボディを目いっぱい使って抱きついてくる

密着洗い。プレイは濃厚なDKから乳首舐め、フェラも玉舐め含め竿刺激は

バラエティに富んだもので上手い。

伺いなしで素股、持ち物は基本は準半島ながら巾着仕様で、しかも

増してくる締まりでじわりとした摩擦感が加わってくる気持ちいい仕様。

とりわけ騎乗をしたときの愛らしさは特筆もの。なので発射は騎乗で、

そのまま(騎乗のまま)余韻を楽しむのがお勧め。

上に座らせたままのイチャイチャはその甘え方とはしゃぎ方が愛らしくて、

こっちも鼻の下が伸びっぱなしになってしまう。

コケティッシュで小悪魔っぽいところがあるので、こっちが遊んでる

つもりが実は彼女の手のひらの上で遊ばされてるのかも・・・

そんなところも魅力の嬢。

東京 | 韓国デリヘル体験レポート