深窓の令嬢が見せる情熱プレイ

深窓の令嬢が見せる情熱プレイ

啓蟄も過ぎて私の股間の虫も這い出てくる時期なわけなんですが

這い出てきた途端、花粉の洗礼という状態で上の鼻から鼻水が

下の鼻からカウパーがたらーりと。

まぁ折角カウパー出るくらい溜まってんだからこれは鶯谷へ向かえという

お告げということでまずはデリレポで情報収集。

好みの子は派手すぎずお水っぽくないお嬢様系で、日本語できるなら

よりいいなと思いつつ。

そしてレポから見つけたフルーツのメガミ嬢。

GOしてみました。

部屋に来ましたメガミ嬢、まず第一印象はお淑やかなお嬢様系。

深窓の令嬢タイプ。こういう子を求めておりました。

「こんばんわ」とご挨拶。

日本語できるんですね。これもまた嬉しいところ。

整ったルックスにとても上品でおっとりとした物腰。

まさにザ・お嬢様。

この清楚なルックスのお嬢様が脱ぐとエロスが香り立つボディがあらわに。

衣装の下に隠されたセクシーな魅力と恥じらう表情のギャップが

非常によろしいですね。

歯磨き、シャワーと甲斐甲斐しくお世話をしてくれるホスピタリティも

ちゃんとしてます。

ベッドでは、楚々とした物腰からの情熱的なディープキス・全身リップ・

フェラと実に熱心に、手抜きなく濃いサービスをしてくれます。

位置を変えて彼女の身体に舌を這わせて味わうと、切なげな吐息を

聴かせてくれて、この「お嬢様の悶え」がエッチな気分を

どんどん盛り上げてくれます。

素股は秘所の圧の高さもあって抽送のたびに射精感がどんどん高まって

くる気持ちよさで、発射を遅らせるために体位を変えて対処します。

日本語ができるので、こういうときありがたいですね。

最後は正常で射精のタイミングで奥深くに入れ込むと、足を回してきて

カニばさみでお迎えしてくれます。これは嬉しいポイントです。

上品でおっとりしながらベッドでの情熱たっぷりのプレイにすっかり

やられてしまって、すぐ再会を約束、予約も入れました。

メガミ嬢はとても素敵な嬢だったので、彼女が滞在してる間は

できるだけ会いたいですね。

東京 | 韓国デリヘル体験レポート