もちもち柔肌とベッドで絡み合い

もちもち柔肌とベッドで絡み合い

寒さも過ぎて春めいてきたのに、どこに行こうにもなんとなく

気乗りがしないのは、デリレポの諸兄にもお察しいただけるかと思うが

やっぱり例のパンデミック。

この度ばかりは人が集まるところに行く気が失せるのも致し方ないところ。

だからといって家に引きこもっていても気分は鬱々と沈んでいくんで

もう負のスパイラル状態。

それなら多数が集まるところではなくて、一対一のアミューズメント目当てで

気晴らしにでも行ってみるかと足を谷に向けることに。

谷での一対一のアミューズメントといえば、それはもう言わずもがななわけで、

レポで情報を取ってワンダーガールズのリンゴ嬢をチョイス。

ホテルの一室で待ってると、ほどなくリンゴ嬢が来訪。

可愛いルックスにおっぱい、柔肌エロボディのいい感じのスタイルで

女性らしくむちっとした手足。

きめ細かい肌は手のひらに吸い付くようなしっとり感も加わって触感最高。

性格は社交的で明るく若々しく、機嫌が良くて常に笑顔。

日本語での会話もできるので駄弁りも捗り、

一緒にいるとこっちの気分まで楽しくさせてくれる。

シャワーを浴びるので脱いだ姿を鑑賞。

脱衣すると、レギュラーでセクシーなフェロモンボディ。

胸はD~Eくらいとたわわで充分な量感があり、それに天然モノだからこそのナチュラル感。

シャワーについては密着してのハンド洗いで丁寧。

シャワーを取ってかけ合ったりするとはしゃぐ彼女が可愛らしい。

彼女の持つ雰囲気のせいか、健康的な元気さを装いながら実はエッチという

裏の顔を見せられつつ流されてるような感じがする。

これはかなり良い。

ベッドプレイはエロいカラダにマッチした、期待通りの濃いエロさでご奉仕的。

DKからZL、Fも気持ちが入ってるのを感じる。

この業界の嬢にありがちの義務的な作業感がないのは彼女の長所。

そして何よりも特筆すべきは圧の高さ+段階締めを持つ本丸の具合。

竿に巻きつき締め上げてくるような本丸で評価もアップ。

着帽はお店の決まりで回避はできないが、しっとりとしつつうねるように絡み合う、

そんなエロさ満点の没頭系プレイ+着帽でも気持ちのいい高性能な本丸には

それ以上の価値があるかと。

まだまだコロナ禍は先が見えない状態なので、当分の間は遊びとなったら

谷でリンゴ嬢とベッドで絡み合うのを定番化しようかと思う。

東京 | 韓国デリヘル体験レポート