美女と交合う充足感を味わう。

美女と交合う充足感を味わう。

あと一ヶ月ほどでGWになるという時期に差し掛かり、そろそろ

連休の遊びまくり計画に向けて、予習がてら鶯谷で前哨戦と

しゃれ込むことに。

どんな嬢で予習をキメるかと韓デリ情報界隈をうろついてるうち

プリンセスティアラの桜嬢が目に留まる。

「桜」という名前はちょうど今の季節に合っていて雰囲気も

盛り上がるし、レポから感じるおっとり癒し系っぽい感じにも

そそられて、今回の予習相手決定。

ホテルに来た桜嬢は実に上品な落ち着いた雰囲気の知的美人。

ガチ若というわけではないが、「少女」からはすっかり卒業して

「女性」として成ったちょうどいいバランスの年代。

「女らしさ」を感じる。

日本語は多少できるようなので、こういった「イイ女」とは

じっくり会話をして、その胸の奥をちょっとだけでいいから

垣間見てみたいもの。ちょっと突っ込んで訊いたりすると

おっとりとした笑顔で優しくはぐらかしてくれたりして、

この「手のひらで転がされる」感がたまらなく良い雰囲気抜群の

癒し系。性格的にも騒がしいところはなく、当たりの柔らかい

優しさを感じる。

スタイルは中背にレギュラーで女性らしい抑揚のある肉付き。

Cくらいのサイズの天然と思われる胸は綺麗な盛り上がりで、

柔らかく包み込んでくれそうな印象。彼女の持つ雰囲気とカラダが

見事に一致している。

触ってみると柔らかさと弾力があり、揉み心地は上々。

真珠のような色白肌で温泉番組のレポーターに似合いそうな

ボディラインにはしっとりとしたオンナを感じる。

プレイはご奉仕系で包み込むような愛情プレイ。

テクそのものにアグレッシブなものがないのを補うかのように、

濃厚な愛情で包んでくる感覚。心配りとおもてなしのサービス。

こちらからのアクションにはかなりいい反応なので、彼女の

痺れっぷりをじっくりと楽しめる。素股は伺いなし、持ち物は

心地いい半島仕様。互いに追い立てられるようなこともなく、

追いかける必要もなく、二人でゆっくりと癒しの時を楽しむような

上品な性愛を楽しむということに特化した嬢だと思う。

はちきれんばかりの若さはないものの、時にはこういう

しっとりとした女性がベッドで性感に悶える姿を楽しみながら

交合うというのもオツなものかと。

良い癒しのときを過ごせたので、GWは桜嬢リピートでいくことに

なりそう。

東京 | 韓国デリヘル体験レポート