夏の終わりはこんな嬢と。

夏の終わりはこんな嬢と。

9月に入ってもう半ば。気がつきゃコロナ騒ぎで夏らしい夏を

迎えないままに秋になっちゃいましたねぇ。

まだ暑いけど、暦で見てもさすがに9月半ばといえば秋っちゃー秋。

とはいえ、まだ残暑は続くとのことで、なかなかしぶといもんです。

この残暑にやられる前にコンディションを整えておきましょう、

ということで調整役として良さげな嬢をデリレポとHPでリサーチ。

小柄で可愛いバラトバラのモモカ嬢に白羽の矢を立ててみました。

やってきましたモモカ嬢は小柄好きならたまらない150センチちょいの

可愛らしい人です。

白を基調としたミニのワンピースから伸びるおみ足は適度な肉感で

これまた良さげな雰囲気です。

ニコニコとした笑顔を向けてくれて、明るく親しみやすい感じです。

さすがに箸が転んでも可笑しい、なんて年ではないでしょうが、

何を話してもすごい笑ってくれます。ちなみに日本語OK。

コース決めの応対もにこやか&誠意を感じる優しさ。

常に笑顔で笑いながら、全身で親愛の情を示しているようで好感が

持てます。

さてコースも決めたしということで脱いでみると、レギュラーな

ボディはトランジスタグラマー系で胸はEくらいといったところでしょうか。

シャワーはハンド洗い、しっかり磨き上げるように洗ってくれます。

ベッドでは素人系サービスですが、それでもDKは濃厚です。

そこからTNに行って舐め舐めしつつ手は下の方へ。お顔がだんだんと

下へ移動、フェラは・・・手を玉に添えて、玉撫でしつつサオ自体は

ノーハンドでパックリ咥えて舌で亀頭を翻弄、それに玉袋もあわせて

15分以上の長丁場でたっぷり舐めてくれます。

もちろんストロークもたっぷり。

じっくりと煮詰めていくようなテクは快感を持続させるのにちょうど

良いところです。

しっかり勃ち上がった息子を見てモモカ嬢はそっと俺に寄り添ってくる

ようにしずしずとまたがると、乗位でスマタ開始です。

少し硬めで詰まるような入り口の締まり感。

その狭い部分を抜けて納まるところに納まると、しばらくそのままで

モモカ嬢ちょい苦しげな表情。やがてゆっくりと腰が動き出すと、

そんなスローな腰使いにもかかわらず、竿から先端まで吸着してくる

ような内部に翻弄される我が息子。たまらず、より深部を目指して

下からアタック開始。下からずんずんと突き上げ、より腰の自由度の

高い正常位→バックへ。バックはモモカ嬢の腰のくびれが強調されて、

風景がエロいです。この頃には最初のキツさもいくぶん緩和されてきて、

自在にピストンしつつ部屋の鏡に映った痴態を観察したりもする余裕が。

そろそろ、といったところで正常位に戻して奥めがけて発射。

しばらくの余韻を楽しんで、シャワーを浴びて終了。

話をしていても楽しく、愛想もよく、明るくて前向きで一生懸命な

モモカ嬢にコンディションも完調へ。これで残暑も乗り越えられますね。

またよろしくお願いします。

東京 | 韓国デリヘル体験レポート